西洋ハーブの医薬品

西洋ハーブの知識

ギリシャ・ローマ時代から使われていた薬草「西洋ハーブ」

西洋ハーブは古くから欧州諸国で医療として使われて来ました。医学の父、ヒポクラテス(B.C.460〜370頃)は、267の薬草を治療に使い、またギリシャの医者、植物学者のディオスコリデス(A.D.40〜90年頃)は薬物誌「De Materia Medica」で約600種類もの生薬を掲載しています。そしていまでもその効き目は注目され、有効性や安全性が評価された西洋ハーブは一般用医薬品などに使われています。

西洋ハーブの分類

Well-established use
有効性と安全性が多くの試験によって
立証された西洋ハーブ
Traditional use
長い伝統を有し、EU圏内で少なくとも15年間、
医薬品として使用されている西洋ハーブ