西洋ハーブの医薬品

チェストベリーってどんなハーブ?

プレフェミンに含まれるチェストベリーは古くから婦人科系疾患に使われてきました。

チェストベリー(Chasteberry)は、地中海沿岸地域などに自生するチェストツリーの果実です。ギリシャ・ローマ時代からさまざまな婦人科疾患の治療に伝統的に使われてきた西洋ハーブです。

いまでは欧州薬局方等の公定書に収載され、品質、有効性及び安全性が評価されています。またPMS、月経不順や乳房痛への効能・効果が認められ(ドイツのコミッションEモノグラフ)、チェストベリー抽出物20mgを含む製剤は、有効性及び安全性が認められた“Well-established use”の医薬品であるとされています(欧州医薬品庁モノグラフ)。